バザール
サイトマップ
バザール
HOME 会社プロフィール 営業ネットワーク 非鉄金属リサイクル スタッフ人材募集
バザールHOME会社プロフィール>3R政策とは
会社プロフィール
CEOメッセージ
ロゴマークコンセプト
3R政策とは
非鉄金属とは
廃棄経費を売却益へ
会社沿革・業績の推移
登録・許認可一覧
厳選リンク
経済産業省が提唱する3R政策
「3R」とは私たちが住む地球環境を守るためのキーワード。ごみを減らし、循環型社会を構築していくために必要な「3つのR」を表しています。Reduce(リデュース=ゴミを減らす)、Reuse(リユース=再使用)、Recycle(リサイクル=再資源化)の頭文字をとったものです。

Reduce(リデュース:廃棄物の発生抑制)
省資源化や長寿命化といった取組みを通じて製品の製造、流通、使用などに係る資源利用効率を高め、廃棄物とならざるを得ない形での資源の利用を極力少なくする。

Reuse(リユース:再使用)
一旦使用された製品を回収し、必要に応じて適切な処置(点検・修理)を施しつつ製品として再使用を図る。または、再使用可能な部品の利用を図る。

Recycle(リサイクル:再資源化)
一旦使用された製品や製品の製造に伴い発生した副産物を回収し、原材料としての利用(マテリアルリサイクル)または焼却熱のエネルギーとしての利用(サーマルリサイクル)を図る。

大量生産・大量消費・大量廃棄型の経済活動を続けてきたわが国は現在、廃棄物の最終処分場のひっ迫などの環境制約、将来的な鉱物資源の枯渇に対する懸念などの資源制約といった問題に直面しています。

今後、日本が持続的な発展を達成する上で、これらの制約要因が経済活動への過大な制約となりかねない深刻な状況にあることから、廃棄物・リサイクル問題を真摯に受けとめしかるべき対応が必要といえるのではないでしょうか。

環境・資源制約への対応が経済成長の制約要因にはなりえません。むしろ、新たな経済成長の要因としてとらえ、環境と経済が両立した新たな循環型経済システム構築することが急務となっています。
経済産業省 3R政策より抜粋
(株)バザール商事 会社プロフィール 大阪本社 高松支店 丸亀支店 新居浜支店 名古屋みなと支店 
Copyright © Bazaar Co.Ltd., All rights reserved.